物件選びは家賃が重要?

家賃は心の負担になるものの、もっと大事な問題もある

家賃とは、どんな経済状況にあっても毎月必ず支払う必要のあるコストのため、余計な心の負担にならないようにできるだけ安い家賃であることを最重要視して引っ越す部屋を決める人が多くいます。しかしどんなに家賃が安くても、例えば断熱性の乏しい寒い地域の部屋に住んでしまうと、冬の暖房費が膨らみ、もう少し高いグレードの部屋に住むよりも年間居住コストが高くなってしまう可能性があります。また、格安家賃の部屋とは大概、鍵の構造が単純なのでプロの泥棒にとっては解錠するのは容易であるといわれます。その他、格安家賃の部屋は壁が薄くて騒音問題が頻発し、入ってきた人がすぐに出て行ってしまうために安い家賃が設定されているような可能性もあります。そういった意味で安すぎる部屋には注意が必要です

どんなことを重要視すべきか

どんなことを重要視するべきかは引越し先の気候・年間平均気温など様々な状況によります。しかし、まず言えるのは沖縄や北海道のように極端に暑い地域・寒い地域に引っ越す場合は冷暖房費は確実に高くなってしまうものなので、想定される冷暖房費込みで固定支出を考えることが大事です。また、寒い地域ですと冬場は毎日お風呂に入りたいものですが、プロパンガスの料金は都市ガスに比べて高いため、都市ガス物件であるかどうかも重要といえます。そして、断熱性・遮音性も快適な生活の実現には相当重要なことです。何らかの問題で短期間で再度引っ越すことになると、また高い引っ越し代がかかるという事を踏まえ、長く住めて短期で再度引っ越すリスクがなさそうな部屋選びも大事です。

© Copyright Furnished Rental Apartments. All Rights Reserved.